記憶捜査3 〜新宿東署事件ファイル〜

ドラマ

金曜8時のドラマ 記憶捜査3 第4話 北大路欣也、風間俊介、上白石萌音🈑

北大路欣也風間俊介上白石萌音出演!昭和平成と時代を超えた街の記憶を持つ刑事・鬼塚が令和の難事件に挑む!辞表を提出する咲。さらに世条の友人が殺害されてー!

11月25日 金曜 20:00 -20:54 テレビ東京1

金曜8時のドラマ 記憶捜査3 第4話 北大路欣也、風間俊介、上白石萌音🈑

咲(上白石萌音)が辞表を提出し、驚きを隠せない鬼塚(北大路欣也)と世条(松島聡)たち。そんな中、世条の友人である葛見健次郎(土屋神葉)が遺体で発見される。殺人事件として新宿東署に捜査本部が立てられると、鬼塚は咲の辞表を預かったまま、啓太郎(風間俊介)に捜査本部に入れてほしいと自ら志願する。
遺体が発見された「念仏坂」は、健次郎が勤務する不動産会社が管理するマンションのすぐ側。そのマンションは近隣住民からの訴訟で違法建築とされたが、解体工事は未だ行われず、現在も住民からの非難が殺到している。鬼塚が捜査を進めると健次郎はグループ電話アプリの中で度々仕事の不満を吐いていたことが判明。
そこで健次郎と同じグループにいた佐伯(少路勇介)に話を聞こうとすると、佐伯は鬼塚の顔を見た途端に逃げ出した!佐伯と鬼塚の関係とは?世条は友人の想いに気づくことができるのか? そして、咲の選ぶ道は…。

この番組をTVerで視聴

この番組をParaviで視聴