• この番組の放送は終了しました

A-Studio+

バラエティ

A-Studio+【劇団ひとり】浅草キッド秘話&素顔…多趣味な私生活‼🈖🈑

▽大好評の映画「浅草キッド」監督をつとめたきっかけ▽佐久間Pが語る芸人魂…後輩たちが明かす先輩として優しさあふれる一面▽ビートたけしが語る“劇団ひとりの魅力”

9月23日 金曜 23:00 -23:30 TBS1

A-Studio+【劇団ひとり】浅草キッド秘話&素顔…多趣味な私生活‼🈖🈑

1993年にデビュー。お笑いコンビ「スープレックス」として活動するが、2000年に解散し、ピン芸人「劇団ひとり」としてスタート。2006年に小説家としてのデビュー作「陰日向に咲く」がベストセラーに、自身の小説を原作にした映画「青天の霹靂」で映画監督デビューを果たす。多くのバラエティ番組や、ドラマ「べしゃり暮らし」(演出)、映画「浅草キッド」(監督・脚本)などマルチに活躍‼
12年ぶりの書き下ろしとなった長編小説「浅草ルンタッタ」が絶賛発売中‼ 藤ヶ谷は、劇団ひとりが可愛がっている後輩芸人の神宮寺しし丸とブラックパイナーSOSの内藤正樹を取材‼後輩を自身の映画に出演させたことや、“劇団ひとり給付金”と銘打って援助をしてくれたことなど、先輩としての優しさあふれる一面が明かされていく‼また後輩芸人を取材したことで藤ヶ谷が感じた“劇団ひとり中居正広”のある共通点とは⁉
鶴瓶は、劇団ひとりと長くタッグを組んでいるプロデューサー・佐久間宣行を取材‼「劇団ひとりはもっと評価されるべき」と語る佐久間だが、人気番組「ゴッドタン」での名物企画で、相手役の女性の名前を間違えて交際中だった妻の名前を呼んでしまったNGシーンや結婚前の妻と共演した衝撃の企画などが語られる‼ また、劇団ひとりが小さい頃から憧れているビートたけしにも取材‼
自叙伝「浅草キッド」の7年越しの映画化実現についての思いなどが語られる中、鶴瓶から「実はたけしさんからも話を聞いてきた」とビートたけしへの取材が明かされ、番組最後に劇団ひとりへ贈られたメッセージが披露される‼ほかにも、無名時代の劇団ひとりが救われた鶴瓶の一言、監督への道、新作小説「浅草ルンタッタ」の編集者が語る人見知りすぎる素顔、プライベートからお笑いへの熱い思いが語られる30分。お見逃しなく‼