• この番組の放送は終了しました

アルペンスキー FIS W杯21/22

スポーツ

アルペンスキー FIS W杯21/22【男子滑降】キッツビューエル(1/21)

【男子ダウンヒル(DH)】 解説:相原博之 実況:加藤暁 開催日:2022年1月21日(現地) 開催地:キッツビューエル,オーストリア

1月22日 土曜 9:00 -11:00 J SPORTS 4

■ワールドカップスタンディング (男子総合) 1位:M.オデルマット(スイス)/1075p 2位:A.オーモット・キルデ(ノルウェー)/685p 3位:M.マイヤー(オーストリア)/592p 4位:V.クリッヒマイヤー(オーストリア)/524p 5位:B.フォイツ(スイス)/447p (2022/1/16 ウェンゲン大会終了時点)
■ワールドカップスタンディング (男子ダウンヒル) 1位:D.パリス(イタリア)/316p 2位:A.オーモット・キルデ(ノルウェー)/305p 2位:B.フォイツ(スイス)/305p 4位:M.マイヤー(オーストリア)/302p 5位:V.クリッヒマイヤー(オーストリア)/285p (2022/1/15 ウェンゲン大会終了時点)
雪上のF1と呼ばれ、そのスピードと迫力で世界的な人気を誇るアルペンスキー。 その中でもオリンピック、世界選手権に並ぶのがFIS(国際スキー連盟)が主催するワールドカップ。世界中を転戦することから白いサーカスとも呼ばれる。
ワールドカップの中でダウンヒルが最も盛り上がるキッツビューエル・ハーネンカム大会。ダウンヒルコースの“シュトライフ”は世界最恐と呼ばれている難コース。 スタート直後に80mジャンプする“マウスファーレ”に、急落下する“シュタイルハング(=急斜面)”、そして最高時速140km超の“ツィールシュス”と難関に次ぐ難関。完走すること自体が難しいコースに挑む選手たちの勇気と覚悟の滑りに注目したい。
ダウンヒルは、旗門数が少なく、ワールドカップと冬季五輪における男子向けコースの標高差は800〜1100m、平均時速100km以上という高速種目。 技術、勇気、スピード、危険に立ち向かう態度、身体能力、判断力が試されるコース設定で、迫力のスピードが魅力。 詳しくはこちら https://www.jsports.co.jp/ski/alpine/

  • お知らせ

    この番組は2Kで制作されたものです