ブルーピリオド/でーじミーツガール

アニメ/特撮

ブルーピリオド/でーじミーツガール ♯9【スーパーアニメイズム】[字][デ]

Ep.09「さまようナイフ」▼1次試験も棄権し「美大には行かない」と言う龍二を、放って置けない八虎。そして龍二と両親の対立は決定的となる。ホームで龍二は八虎に…

11月27日 土曜 1:25 -1:55 TBS1

1次合格者は、八虎(声・峯田大夢)、マキ(声・宮本侑芽)、橋田(声・河西健吾)、そして世田介(声・山下大輝)。残された5日で「色」を極めねばならない八虎は、画材店で龍二(声・花守ゆみり)に出会う。「美大には行かない」と龍二。試験も棄権していた。夜の街で女性として働く龍二を、放って置けない八虎だったが…。そして龍二と両親の対立は決定的となる。ホームで龍二は八虎に、「溺れに行かないか?」
沖縄の高校一年生・比嘉舞星(ひがまいせ)は、家業のホテルでフロント係のアルバイトをしながら、だらだら夏休みを過ごしていた。 ある日、東京から一人の宿泊客がやってくる。そのワケアリな男の名は、すずきいちろう(?)。 すずきが来てから、ホテルの中でおかしなことが…。部屋を泳ぎ回る魚たち。 ホテルの天井を突き破る巨大なガジュマルの木。 二人の間に突如巻き起こる不思議な出来事とはー?
夏、沖縄。ひと夏の“でーじ"な出会いー。 これは毎週90秒の、ちょっと不思議なものがたり。 ※でーじ=沖縄の言葉で、「とても」や「大変」といった意味 監督は新海誠作品にも初期から携わるアニメーターの田澤潮。 キャラクター原案・脚本は、DAOKOのCDジャケットやMVのキャラ原案、書籍イラストなど、幅広いジャンルで活躍する丸紅茜。 気鋭のクリエイターの出会いが紡ぎだす、“新感覚"ショートアニメ

この番組をTVerで視聴