• この番組の放送は終了しました

連続テレビ小説 おかえりモネ

ドラマ

【連続テレビ小説】おかえりモネ(99)「気象予報士に何ができる?」[解][字]

漁協組合長の滋郎(菅原大吉)がラジオで「来週あたりアワビの解禁日になるだろう」と告知した。百音(清原果耶)は、滋郎に解禁日を予測させてほしいと懇願するが…。

9月30日 木曜 8:00 -8:15 NHK総合1・東京

【連続テレビ小説】おかえりモネ(99)「気象予報士に何ができる?」[解][字]

翌日、漁協組合長の滋郎(菅原大吉)が百音(清原果耶)を訪ねてくる。滋郎は「来週あたりアワビの解禁日になるだろう」とラジオで喋り帰っていった。アワビ漁をするには、海の透明度が重要となってくると知った百音は、アワビの開口日を予測させてほしい!と滋郎に提案。しかし、全く相手にされない。百音は、電話で菅波(坂口健太郎)に相談、再び説得する気持ちでいると、今度は、子供たちを連れたグループが現れる。