• この番組の放送は終了しました

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅

ドキュメンタリー/教養

ニッポンの里山 ふるさとの絶景に出会う旅「野花が彩る茶畑 静岡県 静岡市」[字]

静岡の茶畑では、チャノキの下に草を敷いて肥料にし、土の乾燥も防いできた。その草を刈る、茶草場(チャグサバ)は、日本古来の貴重な植物の宝庫。生きものも集まる。

9月17日 金曜 4:40 -4:50 NHK総合1・東京

静岡市郊外から大井川流域にかけて広がる茶畑。農家は、チャノキの下に刈った草を敷いて肥料にし、土の乾燥を防いできた。そのため、茶畑には茶草場(チャグサバ)と呼ばれる草地が必ずある。そこは定期的に草が刈られ、良好な草はら環境が残されてきた。春、新茶が芽吹くころ、茶草場ではキキョウやオミナエシ、ナデシコなど全国から消えつつある日本古来の野草が花を咲かせ、昆虫たちが集まる。