• この番組の放送は終了しました

連続テレビ小説 純ちゃんの応援歌

ドラマ

【連続テレビ小説】純ちゃんの応援歌(4)[字]

甲子園球場近くに旅館を開業し、「高校球児の母」と呼ばれる女将(おかみ)として活躍する純子を、涙と笑いとペーソスで描く青春奮戦記。1988年放送の連続テレビ小説。

9月28日 火曜 16:35 -16:50 NHK総合1・東京

純子(山口智子)はその夜、一睡もできなかった。大原の話が耳にこびりついて離れなかったのだ。一方、興園寺家では、つや(白川由美)が正太夫(笑福亭鶴瓶)に純子への気持ちを聞く。久助(桂枝雀)が、何やらひどく迷っている純子に声をかけると、純子は、父の事を母(伊藤榮子)に隠しているのが辛くて、とボロボロ涙を流す。そんな純子に久助は、父のグローブを見せ、父との思い出を語ると、純子は皆に話す決意をして…。