• この番組の放送は終了しました

青天を衝(つ)け

ドラマ

青天を衝(つ)け(28)「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」[解][字][デ]

明治政府から出仕を求められた篤太夫。一度は固辞するも、大隈重信の熱い説得に胸が高鳴り、完全に言い負かされる。そして謹慎が解かれた慶喜は、篤太夫に最後の命を下す。

9月26日 日曜 20:00 -20:45 NHK総合1・東京

青天を衝(つ)け(28)「篤太夫と八百万(やおよろず)の神」[解][字][デ]

明治政府から大蔵省への出仕を求められた篤太夫(吉沢亮)は、直接断りを入れるため東京へ向かう。伊藤博文(山崎育三郎)の案内で大隈重信(大倉孝二)を訪ねた篤太夫は、早速辞任を申し出るが、“新政府には、君こそが必要だ”と力説する大隈に完全に言い負かされる。そして慶喜(草ナギ剛)は、ようやく謹慎を解かれ宝台院を出た。慶喜は篤太夫に「自分のことは忘れて日本のために尽くせ」と最後の命を下す。