• この番組の放送は終了しました

七つの大罪 憤怒の審判

アニメ/特撮

七つの大罪 憤怒の審判「希望と葛藤と絶望」[字]

<光の聖痕(スティグマ)>と魔神族の聖戦は激化。エスタロッサは暴走し、エリザベスを連れ去った。一方、メリオダスは新たなる魔神王になるべく戒禁を取り込んでいた。

2月24日 水曜 17:55 -18:25 テレビ東京1

七つの大罪 憤怒の審判「希望と葛藤と絶望」[字]

いまだ人と、人ならざる者の世界が、分かたれてはいなかった古の物語。リュドシエル率いる<光の聖痕(スティグマ)>と魔神族による聖戦は、ブリタニア全土を巻き込み激化。3つの戒禁を取り込んだエスタロッサは暴走し、エリザベスを連れ去った。一方、キャメロット城では、新たなる魔神王になると決めたメリオダスが暗黒領域の繭の中で着々と戒禁を取り込んでいた。また、バンは煉獄でメリオダスの魂を探していた。
「希望と葛藤と絶望」4つの戒禁と融合し、異形の姿となったマエル。マエルの強大な力を前に一時追い詰められたキングだったが、「妖精王・ハーレクイン」として覚醒し、その真の力をふるう。キングは霊槍を同時に複数発動できるようになり、ついにマエルを追い詰める。しかし、その最中ゴウセルは、自らの行いを悔い、マエルを救うチャンスを探る。そして、マエルの精神世界に“侵入”して対峙する。