CITY CHILL CLUB

目を閉じて…リラックスして…1秒、また1秒、ゆっくりと流れる時間を体感してみませんか?

注目のアーティストや話題のクリエーターがミュージック・セレクターとなり、あなたの心に寄り添う選曲でお送りする音楽番組。

◆GOOD BYE APRIL◆

2011年結成。70~80年代のニューミュージック、シティポップを現代的な解釈で再構築する、ネオ・ニューミュージックバンド。

情景や郷愁を感じさせる楽曲と、ワン&オンリーといわれる倉品翔のボーカル。また倉品と延本によるそれぞれの個性を持った歌詞。

ニューミュージック、とりわけTULIP、大瀧詠一や小田和正などの古き良きポップスをも血肉にした、エヴァーグリーンなグッドミュージックは、時代も世代も問わず多くのリスナーを魅了してきた。

演劇集団キャラメルボックスでの舞台音楽の全曲担当や、JFN 系列ラジオ番組『OH! HAPPY MORNING』への楽曲起用、その他楽曲提供、演奏サポートなど多種多様な活動を展開、マウントレーニアホールや東京キネマ倶楽部などのホールワンマン をSOLDOUTさせるなど、確かなバンドアンサンブルと飾らないMCで魅せるライブにも定評がある。

2020年結成10周年を迎え、11月 80’sリヴァイバルの金字塔となる3枚目のフルアルバム 「Xanadu」(DBTU10)をリリース。

昭和歌謡カバー7inchアナログシリーズ第1弾「木綿のハンカチーフ」(DBEP7/2020年発売)第2弾「セーラー服と機関銃」(DBEP16/2021年8月発売)はディスクユニオン・インディーズのヒットチャートにランクイン、和モノファンの中でも好評の企画盤となった。Spotify公式プレイリストでは“New Music Wednesday” “CityPopの今”“NEXT UP”や台湾のグローバルプレイリスト“J-POP 新幹線”などリリースごとに選曲され、日本から海外へとリスナーの幅を広げ次世代のポップスシーンを担う存在として邁進中。

2022年1月19日4枚目のフルアルバム「swing in the dark」(DBTU17)をリリース予定。

メール:chill@tbs.co.jp

12月7日 火曜 3:00 -5:00 TBSラジオ

CITY CHILL CLUB

この番組をradikoで聴取